【ハウスメーカー選び】一条工務店に決めた理由

一条工務店の家づくり

ズバリ、「家は、性能。」で決めました。
家を売却に出し始めた頃から、のんびりと展示場巡りをしていました。住んでいた一戸建てが、住めれば良いという適当なスタンスで建ててしまっていたので、2軒目は妥協せずにじっくりハウスメーカーを吟味しようと考えていました。

なんとなく安いハウスメーカーで建てるんだろうと無意識に思い込んでいたので、冷やかしがてら展示場を覗いていました。

よく聞く有名なハウスメーカーの住宅に入ると自分達は場違いな気持ちになりました。そりゃそうです、展示場のおうちは上物だけで1億円ほどお金をかけているそうです!一般庶民が住める家じゃないです!

そして噂ではよく聞くけど坪単価が高いと言われている一条工務店に参考のため覗いてみました。
そこで衝撃を受けました。

ななちか
ななちか

家の性能なんてどこも似たり寄ったりなんでしょ?
大事なのはデザインでしょ。

なんて思っていた自分が説明を聞いているうちに、まんまと一条工務店の虜になっていました。笑

一条工務店に惹かれた理由

坪単価で充実の標準装備

展示場がほぼ標準仕様。坪単価が安いハウスメーカーで建ててもオプションいっぱい付けたら一緒じゃない!?

断熱性・機密性がダントツ

寒冷地に住んでいる家庭にとっては光熱費が抑えられるのは大大メリット。寒い家はもう嫌だ!
性能の説明はHP等の方が正しく詳しく書かれているで割愛しますが、展示場で体験させてもらえるので是非行ってみてください。

全館床暖房

憧れの床暖房が全床!?しかも坪単価で標準。
寒冷地に住んでいる者にとっては床暖房は通常、暖房の補助的役割の認識。床暖がメイン暖房でこの暖かさはヤバイ。しかも難しいと言われている2階までも床暖房なんて常識を覆されました。

デザイン性

スタイリッシュで好み。正直、他のモデルハウスはお金をかけていて似たような内装やキッチンだと感じていましたが、一条工務店は自社製品のものが多くデザインが新鮮でした。

営業マンの印象

まだ持ち家が手放せていない状態でも親身に対応して頂けました。物腰の柔らかい好青年の印象!こればっかりは縁ですが、何事にも縁は大切だと思っています。

太陽光・蓄電池

寒冷地の暖房費、ほんとシャレになりません!暖房費込みで住宅ローンの支払額を考えるレベル。実際の明細などを見る限りだと太陽光+蓄電池で電気代0!売電にも期待出来そう。
そして、太陽光壊れたらどうするの?の答えは「屋根一体型なので保険で直せます」とのことでした。

メンテナスフリー

外壁をオプションのハイドロテクトタイルにするとメンテナンス費用が抑えられる。一般的なサイディングなどは10年ごとに塗装が必要になり、50年でトータル640万円ほどのコストが節約できるとのこと。長い目で見ると安い家を買うより安く済むと思います。

SNSが充実

一条工務店で家を建てた方のインスタグラムなどSNSの投稿が多く、新しい情報をたくさん得る事ができます。ブログも多く存在するのでかなり参考になります。生の声が聞けるのは実際の住み心地がわかりますし、信憑性があるのではないでしょうか。

一条工務店に決めた!!

営業マンによる展示場での性能の説明は衝撃でした。しかし、それでもまだ半信半疑でした。

そして比較するために他のハウスメーカーも行ってみましたが、一条工務店の性能をひっくり返すほどのお話は聞けませんでした。ますます一条工務店で建てたい気持ちが大きくなりました。

結局、満足する家づくりは「いかに納得するか」だと思っています。
新築だろうと中古だろうと小さくても大きくても、自分達が納得して住んでいる家が「理想の家」だと思います。いかに納得するかどうかは、きちんと自分達で調べて不安を取り除いていく事が大事ですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました